受付時間

電話窓口 9:00~17:00
070-8431-1783

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話以外のグループホームに関しましてのお問い合わせは
下のリンクからお願い致します。

平均50万! 一人暮らしの初期費用
(一人暮らし、初期費用、家具・家電、節約)

一人暮らしで必要な初期費用の目安や、家賃ごとの初期費用合計はもちろん、賃貸の初期費用・引っ越し費用・家具家電購入費も細かく解説していきます。

一人暮らしの初期費用の目安は?最低いくらあればいい?何にいくらかかるの?といった、一人暮らしするまでに必要な費用を説明します!

初期費用を抑えるコツや、最低いくらあれば足りるのかの指標にしてください。

一人暮らしで必要な初期費用の項目とお金の目安

賃貸の初期費用は、敷金・礼金や仲介手数料など、お部屋を借りる際に必要なお金です。引っ越し費用は、引っ越し業者の利用料や自分で引っ越しした際のレンタカー代です。

家具家電購入費は、新居に設置する家具や家電を新しく購入した場合に発生する費用です。

賃貸の初期費用は、家賃によって変動しますが、地方での一人暮らし用の間取り物件の最低ライン3.5万円で計算すると約31万~43万円です。

立地の良い、住みやすい物件ですと家賃5万ぐらいはしてきますので、その場合は初期費用が38万~50万となり、家賃が上昇していくほどに初期費用も大きくなっていきます。

一人暮らしを始めるときになるべく初期費用を抑えたいときには、なるべく安いお部屋をえらんだほうがいいです。

以下の表では賃貸契約のときに必要になる金額の目安です。敷金・礼金が無料のところや仲介手数料半額など、キャンペーンをやっている物件をみつけることが、初期費用をおさえるポイントでもあります。契約前に交渉してみてもいいでしょう。

一人暮らしの引っ越し費用

引っ越しにかかる費用は、時期や距離、荷物の量によって違うため「約5~12万円」と状況によって大きく差が開きます。

引っ越し業者を利用した場合は、基本的に「基本運賃」+「実費」+「オプションサービス費」の3つの金額の合計です。

ただし実費は、時期や移動距離によって変わりますので、インターネットなどで無料の見積もりを取ってみるのもいいかもしれません。しかし、強引な引っ越し業者もいますので、見積もりを取りに来てもその時に契約はしないようにご注意ください。

また、引っ越し業者によっては「単身パック」といって、一人暮らし向けのお得なプランを用意しているところがあります。

短距離で引っ越す場合はマイカーやレンタカーなどを使って自分で引っ越すと、引っ越し費用をかなり抑えられますので、移動先が200㎞以内であれば自分での引っ越しも考えてみましょう。

家具・家電、日用品の購入費

初めての一人暮らしで、家具家電・日用品などを買い揃える場合は最低でも5万円ほど必要です。

実家から家具家電をある程度持参し、不足しているものだけを買い足す場合は最低金額の約5万円ほどで事足りますが、生活に必要な家具や家電を一式揃えるとなると15万円ほど必要です。

以下の表には一般的に一人暮らしをするときに必要な家具・家電と日用品の購入費目安をまとめています。

一人暮らしに必要な家具

一人暮らしに必要な家電

初期費用を安くするためのコツ

賃貸契約の費用をおさえるコツ


・家賃が安いお部屋を選ぶ
・ゼロゼロ物件を選ぶ
・仲介手数料が半額以下のお部屋を選ぶ
・フリーレント付き物件を選ぶ
・連帯保証人のみで審査できるお部屋を選ぶ
・入居日を月初にしてもらう

賃貸契約の費用を抑えるコツは、何においても家賃を抑えることです。初期費用は、家賃を元に計算されるので、家賃が安ければ当然初期費用も安くなります。

駅徒歩15分以内、築年数不問などお部屋探しの条件を緩和するだけでも、家賃が5千円~1万円ほど抑えられます。他にも仲介手数料や礼金など、払わなくても借主に影響を与えない項目はできる限り支出を減らして費用を抑えましょう。

入居日が相談可能なお部屋の場合は、なるべく月初1日にしてもらいましょう。1日に入居すれば、従来通りの家賃発生になるため前家賃1ヶ月分は不要です。

引っ越し費用をおさえるコツ

・引っ越し単身パックを利用する
・極力荷物を断捨離する
・時期が選べるなら6月に引っ越しする
・インターネット割引を利用する
・家具家電は購入店から直発送してもらう

一人暮らしで引っ越しするなら、先にも紹介した通り引っ越し単身パックを利用したほうが費用を抑えられます。

また、極力荷物を断捨離して引っ越しすれば、引っ越し業者を使わずに、通常の宅配料金で収まる場合もあります。

ちなみに、家具家電を新規購入する人は、購入店から直発送してもらえば引っ越し費用が安いです。とくに春は、送料無料になっていることが多いのでお得です。

家具家電の購入費をおさえるコツ


・実家から持ち込む
・新生活応援セットで家電を買う
・中古品やディスカウントストアで買う
・小物は100円ショップで揃える

家具家電にかかる費用を抑える最大のコツは「買わないこと」です。実家や前の家で使っていた家具家電を持ち込むことで、費用を最低まで抑えることが可能です。

新たに家具や家電を購入する場合は、ディスカウントストアや新生活応援セールなど、できるだけ費用を抑えて購入できるタイミングを見極めましょう。

また、1月~3月の時期はどの電気屋も、「一人暮らし家電セット」などの名目で、冷蔵庫・洗濯機・掃除機のセットを販売しているので狙って購入するとお得です。

グループホームの場合は?

お金を節約したいのなら、
グループホームは最適!!

・グループホームいろどりの家賃月20000円~

 一軒家で共同生活(シェアハウス)することで、一人一人の負担を安く抑えることができます。また、市からのグループホームを利用することで家賃補助制度があり、実質10000円~の家賃で住むことができます。
 
・グループホームいろどりの食費月27000円

 食事は朝・夕と提供し、昼食はご自分でご用意してもらうようになります。計算としては朝300円、夕500円、その他100円として考えています。

 

関連するページのご紹介

こちらのページを読んだ方には、下記のページもよく読まれています。ぜひご一読ください。
※下記のリンクから、本ページと関連するページのリンクを設定してください。

準備中
準備中
準備中

お気軽にお問合せ・ご相談ください

24時間受付

グループホームに関するご質問、ご相談ください。
求人に関しましてのご質問、ご相談もこちらから。

お気軽にお問合せください

グループホームに関しましてのお問い合わせは下のリンクからお願い致します。

フォームでのお問合せ・相談予約は24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ

2021/02/5
いろどり1号棟の写真をアップしました。